読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕という身体を通したもの

忍者、天真体道、リフレクソロジー、藁細工、畑、身体、生活にまつわること。他にも色々。

悲しい顔で怒らないで

子どものころ
小学生のころも
中学生のころも
高校生のころもだろうか

怒るときに泣いてしまう
ぼくはそんな子どもだった
涙はこらえるのだけれど
それでも涙がこみあがってくる

大人になったいま
そんな子どもとふれあっている

怒りが抑えられなくて
チクチクと刻まれてしまった無数の傷から
溜まってしまった何かが溢れてくる
頭は回り
口も回り
本当の感情とは置き換わってしまった言葉が並ぶ
君はとても賢いから
それでも堪らずに手が出てしまう
そんなことしたくないのに

そんなに悲しい顔で怒らないでくれ
ポロポロと涙を流しながら怒らないでくれ
君は優しいやつなのに
ぼくが泣いてしまいそうだよ
涙が込み上げてくるよ
そんな辛そうにしないでくれ
ぼくは側にいるから