円やかになりたい

忍者、天真体道、リフレクソロジー、藁細工、畑、身体、生活にまつわること。他にも色々。

ぼくは、家なのだろうか

最近、身体の中のこと。
とても小さい生き物たちについて機会があり、考えた。

ぼくは、家なんじゃないだろうか。
色んな小さな生き物たちが僕の中に住んでるんだろう。
ウイルスが侵入すれば、小さな住人たちが戦ってくれる。
自分の家を守ろうと。
家に傷がつくと、修復して、より頑丈にもする。
でも、やっぱり住人たちにも寿命があって、家の土台にも寿命はあって、少しずつ衰えていく。

そんな風に考えてみれば、僕は家でもあるんだろう。
移動する生きた家だ。
小さな住人たちによって、動いている。

でも、
僕は、意思を持ってる。
僕は、感情を持ってる。

本当なんだろうか。
僕の意思ってなんだろう。
僕の感情ってなんだろう。
何が動かすんだろう。
住人たちが動かしているんだろうか。

ああ、僕は家だけど、家じゃないのか。
多分、何かの一部なんだ。
いや、住人なんだ。
地球?
宇宙?
なんだろう。
大きいような、小さいような。
大きいけれど、小さい。
言葉で表したりするものではない、何かの住人なんだろう。

それが僕の意思と思わせる。
それが僕の感情と思わせる。

ただただ、色んな命が必死に生きてる。
何かのためでもなく、ただ生きている。
もしかしたら、そんなものなのかもしれない。

ああ、小さな住人たちと話してみたい。
そしたら、僕は僕でなくて、僕であって、全てになるんじゃないだろうか。
何より楽しそうだなぁ、と思う。