円やかに生きる

農・天真体道・身体・地域・子どもと関わりながら、考えたこと、感じたものをツラツラと。

黒と赤

五日市街道を走らせる

車線の上に横たわる黒い何か

動かない

一瞬で通りすぎる

眼に映る赤

いつどこででもそれはある

涙がこぼれる

黒い何かの代わりに泣いているのか

何を悲しんだのか

悲しみとはなにか

何のために生きる

何か残してしまうようなものはないか

その瞬間で死にきりたい