円やかになりたい

天真体道、畑、リフレクソロジー、詩、とか感じるものを書き起こす。

木曾新滝

9月1日。

木曾新滝へ。

 

10月は氷が混じる木曾。

今年の最後の機会はこの一日のみ。

それなら行くしかないな~と、日帰りの滝行となりました。

 

とにかく美しい滝。

浅間のような豪快な滝とは違う。

3,40mほどの高さから真っ直ぐと落ちてくる滝。ところどころに虹がかかる。

滝の光景に見惚れて笑みがこぼれて、不安はなくなる。

 

自分の中で「よし!入るぞ!」みたいな気合もなく、自然と滝に向かっていけた。

眼鏡置いて。上着は脱いで。

近くによった時もとても冷静だったのを覚えてる。前に出すぎると落ちるし、ここからとりあえず入ればいいな、という感じだった。

 

しかし、物足りなさを感じて滝の芯の方へ。

浅間よりも冷たいけれど、呼吸は全く問題なし。

キーンとした感覚を抜けて、心地よく。

心地よいけれども、浅間とは違う厳しさ。鋭く刺さるように打ち付ける滝。

その中で、天真五相をしたり、天相をしたり、身体開いたりと。あんまり細かく覚えていないのだけれども。

大きくゆっくりと力を抜いて。動けば動くほど全身を打たれる。

情報が多すぎてあまり整理できていないけれども、腕全体に熱いような冷たいような感覚が通ったり、膝や足先に通ったり。

ガクガクと身体が自然と動き出し、バランスが幾度か崩れる。

 

10分ほどで出たけれども、少し長く入りすぎたよう。出てからもしっかり歩ける気力は残さないとなあ、と反省。

 

出た後、うめきと鼻水と涙が流れてきて、その後身体全身(というか腰)が痙攣するかのように動きだした。全く意識は正常でただ勝手に動き出す。多分端からみたら操り人形でガタガタと動かされてる感じなのだろう。

もちろん、寒くて震えているわけではない。

いや、寒かったけれども。笑

出来るだけ任せるも少しの驚きと恐怖で止めてしまったところがないとはいえない。

 

と、こんな感じの滝となりましたとさ。

基本的には木曾に入れただけで満足。

が、やっぱり泊まりでもう一度入りたかったなー、というところはあるなあ。

滝は1泊に限る。全然違う。

また来年行けたら行こう。

もっと自由に滝と遊ぼう。

 

そして、滝後数日は腑抜けになる感じがする。笑